カヤック

初釣り

いまさらですが、

あけましておめでとうございます。

てきとうブログですが、

今年もよろしくお願いします。


なかなか休みが無かったですが

久しぶりに、1/2にカヤックで浮いてきました。

元旦にも行った気がするが、

ただのキャスト練習にカウント


時間が無かったのでバタバタで海に着くと

ガーミンとネット忘れてる

今年も忘れ物からはじまりました。

実釣2時間なので魚探頼みで漕ぎまくり

必死にコギコギして

なんのドラマもなく終了


ぎりぎりボーズを回避させてくれた

優しいアカハタくん

image.jpg









今年もショボい釣果で

ボチボチやって行くので、よろしくお願いします。

小物五目

久しぶりに浮いてきました。

今回は流行りのスロージギングに挑戦

っといっても、

ヤった事も見た事も無いので

我流の思い込み満載です


予習で得た知識では

フックは前後の2箇所にセット

フォールでも釣れる

以上



さっそく実釣

水温のせいなのか?

フォールのせいなのか?

アカハタ連発です。

たまーにアラカブ


そして、ガンガンシャクって

ヒラゴGET

普通にシャクって

オオモンハタGET

また、フォールに戻すと

キジハタGET


私のスロジギが正しいか分かりませんが

サカナ釣れます。

ただ、私の腕の問題?なのか

フッキング位置が悪く

回収がキツかったり

サカナのサイズが分かり難かったり

あと、リリース出来ないサカナもいました


リアフックが課題ですね。

フォールで掛けるにはリアフックは生命線

うーん

どうしよう

やっぱり、腕の問題かも。


今回も色気無く、

お持ち帰り分だけ撮影

image.jpg

新アウェイGET

今回は、おたけさん、シーバさんとコラボ

ジャンキーな3人が揃うと

爆風です

コンディションは最悪ですが

風は落ちる予報なので

まずは風裏目指して1kmほど漕ぎ漕ぎ

お初の岬の反対はちょうどイイ強風

ベイトもうじゃうじゃ

しか〜し無反応

ようやく青物ヒットもバラし

やっぱり、アカハタしか釣れません。



おたけさんも同じ状況のようで

沖の島へ移動

私も悩みましたが

安全策で待機を選択







すぐに心が折れ帰っていると

アラームがうるさい

水深40mでボトムから20mまで

ベイトビッシリ

さっそく投下

ズキューン(≧∇≦)

ハマチGET

写真を撮ろうと膝枕をすると

スマホを構えた瞬間

暴れて帰って行きました。

ブリ族はオールリリースなので

へっちゃらです。

その後の2本(70〜80cm)もリリース

青物の他を狙うと

真鯛(50cm)GET

っとネットインを構えた瞬間

フックアウト

悔しくてスグにルアー投下

ドンッ!

あっ!

ヤバい(°_°)

ジィジィー

ライン10m放出

ボトムまであと10m

ジィジィー

止まる気配ありません

親指ドラグ発動

ラインブレイクぎりぎりまで押さえますが

10m放出

ピタッ

ようやく止まりましたが

びくとも動きません。

根に入られ終了〜

がーん😨

納竿



最後が2バラシの

手痛いアウェイの洗礼

新しいアウェイGETです。



よくよく考えると写真0

気付いた時にはこんなんなってました

94231CAC-3E70-4A75-AB08-901849634FE6.jpg

愚者は経験に学ぶ!

前回のタイトルが嫁にバレたので

今回は哲学的なタイトル


もちろん釣りの話です

去年のセイルフィッシュに続き

今年も貴重な経験を積むことが出来ました

まだまだ、知らない事ばかりです。

ただ、私はアホなので学べたかはわかりません。



タマンで満足し港へ戻っていると

黒いフィールド発見

凄まじいベイトです。


そして、色んなサカナ突っ込んでます



右前方はヤズ

99E8889A-1A7F-4A85-A3ED-DD0AADD2FD38.jpg

右後方はサゴシ(写真無し

左後方はダツ(写真無し

真下はネイゴ

0DF39603-E79C-4998-9423-B09CFF29C98B.jpg

左前方はスマ

AEB4D0D7-98C7-49AC-94B7-0F2E9DFAB510.jpg



そして、神出鬼没のデカいボイル発見

普通にやっても釣れないのは

昨日で調査済み

さっそく、秘密兵器を投入


バシャーン!

1EBCE014-76F2-4CDC-ADEC-E24CBF3E2F69.jpg

ヒラマサ!

水深4〜8mでトップヒラマサ

最高です


映っているのは何のフィッシュイーター?

2F188763-43D0-4E2B-875F-5AE5DC98B1C1.jpg

ペンシルをキャストし

チェイス&ミスバイトをさせ

カヤックから2mほどで水面爆発

ヒラマサが嫌ぁん嫌ぁん

頭振ってるのが丸見え

ニヤニヤしながら鬼あわせ

ぎゅいーん

一気にボトムへ

ブチ曲がったロッドで無理矢理浮かせる

ブレイク覚悟でガチンコファイト

いや、最高っす

ハァハァが止まりません



しかし、だんだん釣り飽きたので

ここからはボイルの仕方でサカナを特定

ヒラマサのみを釣りまくり

もちろんクーラーいっぱいなので

オールリリース



少し落ち着きふと

サメ居ないよねっと

キョロキョロした瞬間



ドゴン!



カヤックに凄まじい衝撃が

まさか!シャークアタック?



バタン!バタン!



正面を見るとビックリ

バウにヒラマサが乗って暴れてる(°_°)

よく見ると周りでも

下からベイトを喰い上げたヒラマサが

勢い余ってジャンプしてます

慌ててネットで押さえますが無理

元気に海に帰って行きました。



今回はカヤック直撃でしたが

体にヒラマサミサイルが直撃すると

痛そうなので退散



とりあえず、フタの閉まらないクーラーに

こんだけ突っ込んで終了

D2C502AD-6B1B-43FC-A4AB-B6D7F831B2FA.jpg

いつもショアから見ていたスーパーボイル

ついにカヤックで突っ込めました



しかし、逆に魚がカヤックに

突っ込んでくるとは

驚きました。


いい経験になりました。



結局、ヒラマサ・ヤズ・ネイゴの

青物グランドスラム

➕サゴシ・スマ・ダツのおまけ付き



いやぁ

カヤック秋の青物祭り

楽しかった(≧∇≦)


みなさんもボイルに突っ込む時は

ご注意ください。

特濃◯マン汁

よく見たら◯を付けたら

完全にアダルトワードになってる

内容は釣りネタなので悪しからず




朝マズメ、隊長さんとショアヒラマサ

玉砕


隊長さんを陸に残し

カヤックで沖へ

コキコキしますがベイトがいません

水深20〜40mはあきらめ

水深15mのシャローエリアへ

ベイト見っけ



ドン⁉︎



ジィージィージィー

おぉー

デカモン決定

底から5m程で喰ったので

ラインを信じて親指ドラグ発動

ジィジィー

ジィー

ピタッ

止まった


っと思ったらゆっくりとカヤックが逆走

パラアンカーを超えて潮上へ

しかし、スターン側でアンカーが効くと

止まった

巻き巻きすると

トルクフルに下に突っ込む

アラきた?


アラ


アラ


っとゴリゴリ巻いていると



ぷかーん






お父さん

F201F5EB-18CD-4E4D-AE6E-AEBB516A9D2E.jpg

ハマフエフキ  77cm 

昨日のちびタマンのお父さんでした

久しぶりのデカモンに

うーん満足



開始1時間半でクーラーの蓋が

下半身もタマン汁で臭いので

港へ戻っていると

夢が叶いました(≧∇≦)



   つづく

マンネリ気味

最近はずーっとアウェイの調査

今回はマーキングポイントの再調査

しかし、ベイトがほぼ皆無

それでも、丁寧に探っていると


ドン


お!

ちびタマン40型

21D69FE5-C814-4BF5-80B8-775842FDFA41.jpg

歓迎するならお父さんを読んで来い

っと優しくリリース


ドン


お父さん?

いえ

オジサンでした

76F2FFE5-EF76-4585-8775-5C2C83E1C817.jpg

問答無用にリリース

その後、

アカハタがポツポツ

オオモンハタがポツポツ

お持ち帰り

DBBC440D-4747-4B0E-A450-62E3526F9D3F.jpg


小型が主体でしたが

そこそこ遊んでもらえました


しかし、さいきんマンネリ気味

何か面白ハプニング無いかな〜

っと漕ぎ漕ぎしてると

青物ボイル発見

この水しぶきはヒラマサくん

偏食パターンで難しい

2度掛けましたが、

リアフックが伸ばされフックアウト

2本とも掛かればイケるんですが

リアフック1本ではキツい


今日の手持ちのルアーでは厳しいー

帰って入れ替えです。


マンネリ解消はいつかな?

ショートタイム

夜勤明けでしたが

夕方までヒマだったので出撃

しかし、持ち時間は5時間

運転や準備を引くと

実釣2時間弱しかありません(ー ー;)



すぐに荷物とカヤックを投込みGO

海で準備をしてると



ガーンT^T



ルアーボックスが1個しか無い

プラグのボックスしかありません

真っ昼間にプラグ縛り

キツい

けど、おもしろそー



まずはシャロー攻め


チーン


ディープ攻め

水深40mラインに魚群反応

もちろん、ミノーはガン無視

このままでは危険なので

悪あがきで漕ぎまくり

するとナブラ発見!

ダッシュ

ポッパー無視

また、ナブラ発見

ダッシュ

ペンシル無視

・・・

パドリング修行をくり返し

終了直前

ようやくGET

8D8ACD30-DE2B-4BAF-9E13-44AD76F678AC.jpg


サゴシ50型でした。

ギリギリセーフ



いやぁー

プラグ縛りなかなかキツかった

やっぱり、準備は大事です。


次は普通の釣りがしたい

ニューフック

風がキツそうだったので

風裏にエントリー

さっそくオオモンハタ50アップ

34727B73-DB79-4B57-8F0A-E17009D3707F.jpg

ピアスいっぱいのアカハタ

F116A080-EE7D-44CE-A243-55FE77503FF2.jpg

残りは似た写真なので省略

今日はインチクのフックテスト

安かったけど不思議なフォルム

EB3213BC-6CDB-44A1-85CB-90FD18F8A239.jpg
フォールでの向こうアワセに期待

上顎から下顎へ神フッキング

417F4792-2D1F-4DAB-AECF-A3B0D6460A20.jpg

バラシも1回だけ

そして、インチクがエビになることも無く

快適(≧∇≦)

しばらくはこのフックで調査です。


今回はベイトも多く、

コンスタントに釣れます。

あまりキープすると

魚料理ばかりになるので

元気な魚はリリース

お持ち帰りはこんだけ

46375B1E-D43D-4E0C-AA3E-78491CA71A1F.jpg

今頃シルバーウィーク

の記事です。


また、愚息とタンデム

アクビをしながら漕ぎ出すと

しーん

サカナも寝てるようです。


右往左往しますが

ベイトがいません。


小さい瀬を直撃でようやくアカハタ

2B2FD1E5-4747-495A-A0FC-BF877C5746E3.jpg

しかし、続かず沈黙

必死に漕ぎますが

荒れ模様の天気に

愚息がまさかの船酔い

2時間で終了


夕方、復活した愚息が

プーマロッドを持って堤防で釣りたい

っとおねだり

プーマ?

愚息オキニのプーマ?のロッド

929BE951-C05D-4385-AB2F-2AE8F3953D30.jpg

あいつはアフォなので

本気でプーマだと思ってます


そして、風速10mで堤防に行った

アフォ親子は波飛沫でズブ濡れ

見事なボーズでした。


残り、7回さっさと終わらせよ〜

衝撃発言

ようやく、おたけさんとご一緒で来ました。

たしか2年前に知り合って

色々な事情で伸びに伸びて初浮き


しかし、そんな事情は海には

関係ありませんでした。


釣れるのは、アカハタ

913599BE-01FC-4399-AFC2-C9B4A50C954F.jpg


ピアス付きオオモンハタ

CDBDEF32-8390-4ACA-A7F2-4E84E0D4EE7B.jpg


ミノーでハガツオ

5E92C30F-4DEF-49BB-BA8A-0DB5405B651C.jpg


心が折れそうになると

お触りなしの青物ボイル

ドンドン流され

激流を漕ぎ戻る



その結果

C6FD0E2C-B8FB-4E9E-B0AB-AA7116636A4A.jpg

移動距離16kmオーバー

お手上げも出来ないくらい

腕がパンパンです。



そして、おたけさんから

耳を疑う衝撃発言が



あと6キロ先にイイ瀬がありますよ!



え〜っと、今から

往復12キロ!丁重にお断り


おたけさん、やっぱり凄いヤバい人でした。

EEA93F28-6AD2-48B5-ADDB-8292228AF498.jpg

Copyright (C) うめのへなちょこ釣行記☆鹿児島でルアー釣り. All Rights Reserved.